スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

青い花 第11話 「冬の花火」(最終回)

青い花 第11話 「冬の花火」(最終回)

 あーちゃんはお母さんに起こされる、冬服出しておいたと。今日から衣替え。
2度寝して遅刻のあーちゃんは駅までお兄さんに車で送ってもらう。駅で待っているフミちゃん、そんなことじゃないかと思った。今年の夏短かったよね、あっという間に終わっちゃた感じ。江ノ島を電車の窓から眺めながら会話する二人。藤ヶ谷の駅で別れそれぞれの学校へ。

 フミちゃんは文芸部で図書館の本の整理の仕事を手伝う。図書館でふと脳裏を掠める夏の思い出。ぼんやりしているとポンチャンの声帯模写に引っかかってしまう。この作業は文芸部の税金と呼ばれていると3人組みは言う。演劇部はいいのだそうだ。

 一方あーちゃんの方でも来年の演劇祭の演目決めが始まる。鹿鳴館・ひばり・わが町、の3作品がホワイトボードにに書き出されている。今年中に全部読んでおくことと。1年生も来年は舞台に立つのだからしっかり読み込んでおくこと。井汲京子とあーちゃんは神妙に聞いている。

 井汲京子は学校が終わったあと、杉本家の和佐のところで絵を習いにかよっている。公理がそこに電話を持って現れる。英語だから私じゃ無理と。 恭己の留学の件じゃないかな、和佐が受け取り、英語で話し始める。杉本先輩外国にいかれるんですかと思わず尋ねてしまう京子。
 何れ大っぴらになると思うんだけど、しばらく黙っておいてくれる?と口止めする公理。あいつ知られるのを嫌がると思うから。


 藤ヶ谷の駅で偶然出会ってしまうフミちゃんと恭己。目礼だけを交わし距離を置く二人。
電車を一本見送るふみ。電車に乗っても背を向けたままの恭己。駅に残るふみに駆け寄ってくるあーちゃん。

 ミルクホールに入り気持ちをあーちゃんに話すふみ。さっきまで本当に吹っ切れたつもりでいた、でも・・・。と話すふみにしょうがないんじゃない、スイッチを押すみたいに気持ちを切り替えるわけには行かないと返すあーちゃん。自分で自分のことがわからなくなってきたと混乱するふみ。こういうときは食べるのが一番と勧めるあーちゃん。

 恭己の活躍でバスケットボール部は神奈川県大会出場を果たす。さらに全国ベスト4へ勝ちぬく。そして全国の準優勝へ。藤ヶ谷のバスケットボール部の活躍を報じる新聞の写真にはいつも恭己の姿が踊っている。藤ヶ谷通信にも載り、学校の評判になる。杉本先輩ってほんと何でも出来ちゃうんだ、あこがれちゃうな、留学するってうわさ聞いた?ロンドンの大学に行くとかって。マジで、ショックだ。
 
京子は恭己にメールを入れる。「イギリスに留学されると聞きました。月並みな言葉ですが頑張ってください。 直接会って言うと泣いてしまうかもしれないのでメールにしました。和佐先生の絵画教室は続けルつもりです。」 そっと携帯を閉じる。

 クリスマスパーティーをあーちゃんが開くからと3人組に声をかけるふみ。すぐに乗ってくる3人。電車で京子がこれないことを話すあーちゃん。沢野井さんと約束があるんだって。 

 ふみちゃんが家に帰ると千津ちゃんから引越しのお知らせが届いていた。ふみの中で恭己の言葉がよみがえる。ねえふみ、初恋を覚えている?一番最初に好きになった人をふみはおぼえている?

 あーちゃんは沢野井 康から電話で頼みごとをされる。小町通で康とプレゼント選びをしていると、フミちゃんに目撃されてしまう。声をかけそびれるふみ。

 車で送ってもらったあーちゃんは北鎌倉小学校の前で張り紙を見る。来年から取り壊しと。

 ふみは風呂であーちゃんのことを思い出し、何で隠れたりしたんだろうと自問する。

あーちゃんの家でクリスマスパーティに興じる5人。顔を出す、兄の忍は仲間はずれ。

 康の家では京子が康とプレゼント交換。ニット帽をもらう康。スノーボールをもらう京子。
あーちゃんにメールが届く。「楽しいプレゼントだったので、康ちゃんを問いつめたら 真相を白状しました。ありがとう。Merry Xmas & Happy new year。」

 真相を知って安堵感から笑い転げるふみ。クリスマス会もお開きに。

帰りがけの玄関先でまさかの忍に対するポンチャンのプレゼント渡し。おおーやるジャンとみんなの歓声。呆然とする奥平家一同。

 あーちゃんの部屋に戻り、あそこで告白とは思わなかったと驚くふみ。本木さんすごいなあ。・・。あんなののどこがいいんだかと返すあーちゃん。ふみちゃんは今日はあーちゃんとお泊り。降り続いている雪で外は銀世界。眠れない二人は外へ。大きな木下で、あーちゃんは引越しの日にふみちゃんはずっと泣いていて大変だったと。小学校の校舎を見ておけばよかったというふみに行こうかと誘うあーちゃん。

 夜の学校を気味が悪いというあーちゃんをつれまわすふみ。

小学校で戯れるふみの心に昔のあーちゃんの姿がよみがえる。

 そうだ、どうして忘れていたんだろう。私が最初に好きになったのは。私の初恋の人は。

思わず涙をこぼしてしまうふみに怒ってないよとあわてるあーちゃん。

 違うの、思い出したの。とっても大切なこと。とささやくふみを、よかったねとそっと抱くあーちゃん。

 じゃ、帰ろうかと手を差し出すあーちゃんに手をさしのべるふみ。

ふみちゃんはすぐ泣くんだから。  青い花  FIN.


いろいろあったお話もこれでおしまい。とっても名残惜しいです。こうした美しい作品がもっとアニメ化されるといいなと思います。どこか、こうした作品群を積極的に取り上げてアニメ化する人はいないでしょうか。深夜だけでなくもッと皆が見られる時間帯で。とねこは思います。
 

「青い花~Sweet Blue Radio~」ラジオCD「青い花~Sweet Blue Radio~」ラジオCD
(2009/12/22)
ラジオ・サントラ高部あい

商品詳細を見る











スポンサーサイト
line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
line

comment

Secret

line
line
アフィリエイト・SEO対策

line
母屋にリンクします。ぜひクリックして試してみてね。 金色のねこの日記 猫の別荘のバナーが出来ました。訪問してみてね! 金色のねこのコテージ 金色のねこの屋根裏部屋 金色のねこのコレクション 金色のねこのコレクション 新設サイト 金色のねこの探険隊 金色のねこの休憩室 それぞれアニメやそのほかのねこの大切な記録が詰まっています。見に来てね。
プロフィール

金色のねこ

Author:金色のねこ
金色のねこの図書室へ
ようこそ。
楽しんでいってね。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
ここは広告です。 クリックするとお店に飛びます。 アフィリエイト・SEO対策
sub_line
現在の閲覧者数:
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。